産総研ら,ラジオクロミックの線量計を3Dプリント

産業技術総合研究所(産総研),東北大学,金沢工業大学の研究グループは,ラジオクロミック材料(放射線照射により発色する物質)を用いた3Dプリント線量計の作製に初めて成功した(ニュースリリース)。

放射線治療では,がんを治療しながら,周辺の正常組織に影響を及ぼさないよう,放射線をどのように照射するか,綿密な計画が必要となる。

そのため放射線の線量を測定する線量計は放射線治療において重要な役割を果たすが,放射線治療には強度変調放射線療法や定位体放射線療法,高エネルギーハドロン療法など,さまざまな照射技術があり,線量分布を複雑にする原因となっていた。

この研究は,ラジオクロミック材料と3Dプリンターを使い,3次元線量計を作るという新しいアイデアを具現化した。照射後にラジオクロミック材料である透明ポリマーが着色するため,3次元線量分布が容易に可視化され定量化できる。

これにより,患者の3次元X線CTデータをもとに臓器の形状を正確にコピーした線量計を3Dプリンターで製作することで,より正確で安全な放射線治療の立案に貢献できるとしている。

その他関連ニュース

  • NTT,1つのスクリーンで2Dと3Dを同時上映 2021年01月29日
  • LUCID,ポイントクラウドの作成キットを発売 2021年01月18日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • 凸版,トッパンバーチャルヒューマンラボを設立 2020年12月25日
  • 宇大,空中ディスプレーを日刊スポーツ本社で展示 2020年12月21日
  • NIMS,機械学習でAM用超合金粉末のコスト削減 2020年11月30日
  • ソニー,高精細な3D画像裸眼ディスプレーを発売 2020年10月19日
  • 名大,α線を照射した酸化チタンにラジカルを確認 2020年10月02日