アイ・アール・システム,赤外線センサー素子を発売


アイ・アール・システムは,独trinamiX製「PbS/PbSe赤外線センサー」の発売を開始した(会社HP)。

trinamiX独自の薄膜封止技術をセンサーチップに直接施すことにより,水分や酸素など周囲環境の影響を受けにくく,劣化を抑制した高耐久性能を実現。薄型ベアチップ(電極付き),PCBサブマウント実装タイプ,TO-CANパッケージなど,用途に合わせて選択可能な形状となっている。

成分検知・材料分別,火花検出・火炎制御,ガス検知(NDIR)など,安全性,耐久性が求められるさまざまな用途への応用が可能。開発をサポートする評価キットや光学フィルタなども提供しているという。

この製品の主なラインナップは以下のとおり。
・シングルピクセル(0.5mm□-10mm□)
・マルチシングルピクセル(2-8ピクセル)
・マルチピクセル(2-16ピクセル)
・リニアアレイ(最大512ピクセル)

WEBセミナー【コロナと戦う光技術】
2020年8月26日(木)
公衆衛生×光技術-銅の抗菌作用,構造材料の微生物腐食機構,青色レーザーによる銅加工
2020年9月3日(木)
紫外線技術と細菌・ウイルス不活化の有効性を考察する

その他関連ニュース

  • 日機装と前田建設,深紫外LED除菌装置で提携 2021年01月18日
  • 損保大手,コニカミノルタとガス検知サービス開始 2021年01月13日
  • DNP,ホログラムによる非接触タッチパネルを開発 2021年01月13日
  • 2024年産業用環境センサー市場,1兆4,540億円 2021年01月05日
  • 豊技大,光干渉による半導体ガス検出チップを開発 2020年12月24日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 宇大,空中ディスプレーを日刊スポーツ本社で展示 2020年12月21日
  • 日亜,280nmLEDに対コロナ優位性を確認 2020年12月18日