コヒレント,産業用半導体レーザーをリリース

米コヒレントは,2020年4月16日,モジュール内蔵型のコンパクトな高出力(1kW~4kW)産業用半導体レーザー「HighLight DL HPS」をリリースした(ニュースリリース)。

クラッディング,熱処理,ろう付け,溶接を行なうシステムインテグレーターやエンドユーザーに有用な製品となる。

この製品には,オールインワン型の構成を採用し,レーザヘッド,電源,水冷チラー,熱交換器のすべてが1つの筐体に搭載されている。筐体のサイズは670x1050x1760mmで,例えば自動車製造業界で多く見られるような,スペースに制約のある用途に適している。

もう1つの大きな特長は,蒸留水を利用したクローズドループ方式の冷却を可能にする伝導冷却型ダイオードの採用。高額な純水を必要とする製品よりも,はるかに容易に導入することができる。

またこの製品には,多数のオプションとアクセサリが提供されている。近赤外(NIR)の出力は,QBHコネクタまたはQDコネクタで終端された,着脱可能な伝送ファイバーを通して送られる。

同社は,幅広い種類の加工ヘッドも提供している。例えば,ズームホモジナイザーは,出力のサイズ,形状,光度を各用途の具体的な要件に応じて調整することが可能となる。以上のことから,石油/ガス,農業,建設,3D積層造形,半導体製造など,多様な業界における幅広い用途に適した製品だとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機 2020年12月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • 島津,スペクトラムアナライザを発売 2020年11月09日
  • NTTら,世界最速の直接変調レーザーを開発 2020年10月20日
  • 理研ら,超高繰返し極端紫外超短パルス光源を開発 2020年10月09日