リンシュンドウ,ファイバーレーザー加工機を発売


リンシュンドウは,ステンレス板・アルミ板・パイプの切断を行なえる「RSD-SUNMAX-FL3015CNR」の発売を開始した(ニュースリリース)。

ステンレス板だけでなくアルミ板や丸角パイプも切断できるファイバーレーザー加工機。スピーディーな金属加工が可能なため,コストパフォーマンスに優れているという。

目的に応じて500w~8000wのレーザー出力発振器を選択できる。また,円柱パイプ・角柱パイプともに加工が可能で,最大加工径は円柱パイプでφ150mm,角柱パイプで150mm角だという。

平板専用の専用制御ソフトウエア「CypOne J」を使えば,高さの自動トラッキング,セグメントピアス,プログレッシブピアス,エッジシーク,飛び越し,リフトアップの高さの任意設定など,多くの加工設定が可能だという。また,回転加工専用ソフトウエア「TubePro」「TebesT-Lite」も用意している。

自動水冷機を付帯し,焦点レンズ等,レーザーヘッドを冷却。この自動水冷機は大流量,低騒音のステンレス製循環ポンプを使用し,タンク,パイプも錆びない素材が使われているため,安定した水圧,長寿命を実現しているという。

その他関連ニュース

  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 古河電工,超高速パルス制御ファイバレーザー開発 2020年10月22日
  • 東北大,連続的に構造の異なる金属ガラスを作製 2020年08月19日
  • 光響,サブスクにファイバーレーザーを追加 2020年07月22日
  • 光響,30Wファイバーレーザーマーカーを発売 2020年07月15日
  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日