コーニング,静岡のLCDガラス工場を停止へ

米コーニングインコーポレイティッドは,2020年末までに,静岡にある液晶ディスプレー(LCD)用ガラス基板製造工場(静岡工場)の操業を中止し,現下のディスプレー業界の事業環境に合わせた操業体制に移行する(ニュースリリース)。

今年後半には静岡工場のガラス生産ラインを停止する。同工場で行なっていたLCD用ガラス生産は,コーニングのその他の工場に移管される。

今回の対応は,国内のパネルメーカーの需要が全体比で横ばいまたは減少,また,国外におけるパネルメーカーの需要の増加といった,ディスプレー業界の事業環境の変化によるもの。

同社は,2020年に静岡工場における操業を中止するが,施設の一部については,コーニングディスプレーテクノロジーの物流業務,製造支援,またコーニングテクノロジーセンターが引き続き使用する。

また静岡工場の従業員に対し,堺工場や,ディスプレー事業の製造支援に従事する異動の機会,または,希望退職パッケージを提示するとしている。

その他関連ニュース

  • 電気硝子,無色透明のゼロ膨張ガラスを開発 2021年03月02日
  • パナ,太陽電池生産から撤退 2021年02月01日
  • 筑波大,THz光のガラスでの吸収を関数で再現 2021年01月08日
  • 東工大ら,世界一の構造秩序のガラスを合成・解析 2020年12月25日
  • 名工大ら,ガラスが準空隙で駆動する謎を解明 2020年12月21日
  • 東大ら,ガラスの物性を生み出す因子を明示 2020年11月20日
  • 東大ら,ガラスの構成原子の配位数を可視化 2020年11月18日
  • 電気硝子の強化ガラス,⾞載ディスプレーに採⽤ 2020年11月05日