東大,最高感度の超柔軟音響センサー開発

東京大学の研究グループは,柔らかいセンサーとしては世界最高感度の音響センサーを開発した(ニュースリリース)。

心音などは,信号が非常に小さく,10~250Hz以下の低周波領域が主な信号であるため,低周波数領域におけるフレキシブルな音響センサーの高感度化が重要となっている。

心臓などに障害がある場合,心筋収縮力による血流速度の変化や,弁口の不完全な閉鎖により,周波数と振幅にわずかな変化が生じる。そのため,心音を長期的にモニタリングすることは疾患などの早期発見につながるために重要性が増している。

これまでに,ポリフッ化ビニリデン(PVDF)のナノファイバーと穴がある基板を組み合わせた構造や,非常に微細な穴を空けた紙を基板に用いたポーラス構造などにより,低周波領域において高感度化が報告されていた。また,PVDFのシートをゴム基板で挟んだ構造を用いることで,皮膚に貼り付けて心拍を計測することが可能なセンサーが報告されていた。

ところが,柔らかい薄型のセンサーでは,感度を高めるために立体的な構造にすることや,センサーの薄さを維持しながら微細な穴をあける加工が困難だったため,微小な心音の信号を測定するための,低周波領域において高感度を有しかつ長期的に計測できるような柔らかい音響センサーはこれまでに報告がなかった。さらに,音響センサーが薄くなると,同じ入力信号に対してよりセンサーの変形が大きくなるため,電気的な機能を維持する耐久性も課題だった。

研究グループは,電界紡糸法によって形成したナノファイバーシートを積層し,非常に柔らかいナノメッシュ音響センサーを開発した。ナノメッシュセンサーは,2層の電極シートで圧電材料であるPVDFのナノファイバーシートを挟むことで形成されている。

このセンサーは,ナノファイバー構造を用いることで,500Hz以下の低周波数領域において,10000mV Pa-1を超える世界最高感度と柔らかさを同時に実現している。これは,非常に柔らかいナノファイバー構造のPVDF層が,上下に動くことで電極シートとPVDF層が接触し,信号が発生するため。

このナノメッシュ音響センサーを皮膚に直接貼りつけることで,心音の計測が可能になる。さらに,柔らかいセンサーは皮膚に密着するため,10時間連続して心音を安定に計測することに成功した。

今回開発した音響センサーは,ナノファイバーを用いているため,通気性があり,柔らかいために,長期的に皮膚に貼り付けることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,低分子に匹敵する高分子半導体に知見 2021年03月02日
  • 東工大ら,切って貼れるTHz非破壊検査シート開発 2021年02月04日
  • 筑波大,高性能ゲル状電気化学トランジスタを開発 2020年12月16日
  • 阪大,高透明度・高導電性の透明電極を開発 2020年12月12日
  • ダイセル,銀ナノインクの低温超細線描画に成功 2020年12月10日
  • 東大ら,印刷できるn型有機半導体単結晶を開発 2020年11月18日
  • マウザー,バイオセンサーモジュールを発売 2020年10月29日
  • 産総研ら,フレキシブル電子輸送性有機半導体開発 2020年10月23日