スタンレーの紫外線消毒装置,JICA事業に採択

スタンレー電気がインドで計画している安全で安価な飲料水供給のための紫外線消毒装置の普及の取り組みが,国際協力機構(JICA)による 2019年度第二回「中小企業・SDGs ビジネス支援事業(SDGsビジネス支援型)」に採択された(ニュースリリース)。

この事業は,インドにおいて,水道水が病原性微生物により汚染されているエリアに対して,紫外線冷陰極ランプを使用した消毒装置の普及を図り,飲料水の消毒処理を行なうことで,安全で安価な飲料水の普遍的,かつ衡平なアクセスの達成,下痢症による新生児及び5歳未満児の死亡率の減少を目指し,対象地域住民の健康改善とプラスチックごみの削減に貢献することをねらいとしている。

案件概要は以下の通り。
採択名:安全で安価な飲料水供給のための紫外線冷陰極ランプ普及・実証・ビジネス化事業
実施期間:2020年6月~2022年6月(25ヵ月間)(予定)
対象地域:インド国パンジャブ州(予定)

その他関連ニュース

  • 2025年,殺菌用深紫外線光源市場は1342億円に 2020年12月15日
  • ウシオ,ウイルス不活化ダウンライトを発売 2020年12月01日
  • 医科歯科大,光で接着力が低下する接着剤を開発 2020年11月26日
  • 東工大ら,可視光を340nm以下にする溶液系を開発 2020年11月26日
  • NTT,光ファイバによる感染予防技術を開発 2020年11月16日
  • 【光技術フェア】IRS,携帯電話UV除菌装置をデモ 2020年11月11日
  • 徳島大,コロナ不活化に有効な深紫外光量を定量化 2020年11月09日
  • 東北大ら,AlNとInNによる高効率光源実現に道 2020年11月06日