ルミバード,小型短パルスレーザーを発表

ルミバード・ジャパンは,小型短パルスレーザー「FALCON」を発表した(会社HP)。創業50年の歴史を持つ仏LUMIBIRDの蓄積されたパルス固体レーザー技術が活かされた製品だとしている。

掌サイズの小型でありながらMW以上のピーク出力を1.5μmのアイセーフ領域で発生する。バッテリー駆動で動作し,MIL規格に準拠する耐環境性の高い筐体は,屋外でのLiDAR用途などに適しているという。

その他関連ニュース

  • 光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機 2020年12月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • 島津,スペクトラムアナライザを発売 2020年11月09日
  • NTTら,世界最速の直接変調レーザーを開発 2020年10月20日
  • 理研ら,超高繰返し極端紫外超短パルス光源を開発 2020年10月09日