光響,極微細用レーザーマーカーを発売

光響は,「極微細用SLM型グリーンレーザーマーカー」の販売を開始した(製品ページ)。

空間光位相変調器「LCOS-SLM」とレーザーマーカーを組み合わせた極微細なマーキング装置で,数μmレベルの微細マーキングを実現し,任意のレーザービームパターンを作ることができるという。

ガルバノスキャナを用いたレーザー走査とは根本的に異なり,「LCOS-SLM」によるレーザー一括描画(スタンプ)を行なう超高速レーザーマーカーで,高精度・高分解能な極微細マーキングを実現できるとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・レーザー走査なしのスタンプ型レーザーマーキング
・高精度で高分解能な極微細レーザーマーキング

この製品の主な用途は以下の通り。
・動いている対象物へのマーキング
・トレーサビリティ
・偽造防止

その他関連ニュース

  • ダイヘン,アルミとGA材の接合技術を開発 2020年12月24日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工ら,モーター用レーザー溶接機を開発 2020年11月27日
  • 3D-MICROMAC,レーザーアニールシステムを発表 2020年11月24日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 古河電工,超高速パルス制御ファイバレーザー開発 2020年10月22日
  • レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設
    レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設 2020年10月14日
  • リコー,高出力レーザーマーカーを開発 2020年08月21日