電気硝子,3Dプリンター用ペーストを開発


日本電気硝子は,高精細造形に適したセラミックス3Dプリンター用ペーストを開発し,サンプル供給を開始した(ニュースリリース)。量産開始時期は2020年春頃を予定。

セラミックス材料は,その優れた強度,耐熱性,耐薬品性等により,電子部品を中心にさまざまな用途に利用されている。さらに,3Dプリンターの造形材料のひとつとして,セラミックス材料が採用されるケースが増えつつあるという。

同社は,長年培ったガラスの材料設計,粉末加工技術を駆使し,主体となるセラミックス粉末に同社で開発した粉末ガラス等を混ぜ合わせ,セラミックスの高精細造形を実現できる3Dプリンター用ペーストを開発することに成功した。

通常,3Dプリンターの光造形法の材料には,造形物を硬化させるために紫外線硬化樹脂が含まれている。今回開発した粉末ガラス等を材料に混ぜ合わせることで,紫外線硬化樹脂の硬化幅や深度をより高精度に制御でき,より複雑で精密な造形が可能になったとしている。

従来のペーストでは達成不可能であった10ミクロン単位での造形パターンまで対応でき,特に,ラインアンドスペース(パターンの幅とパターン間の間隔)が小さな造形物の製造に適しているという。

その他関連ニュース

  • 電気硝子,無色透明のゼロ膨張ガラスを開発 2021年03月02日
  • 筑波大,THz光のガラスでの吸収を関数で再現 2021年01月08日
  • 東工大ら,世界一の構造秩序のガラスを合成・解析 2020年12月25日
  • 名工大ら,ガラスが準空隙で駆動する謎を解明 2020年12月21日
  • NIMS,機械学習でAM用超合金粉末のコスト削減 2020年11月30日
  • 東大ら,ガラスの物性を生み出す因子を明示 2020年11月20日
  • 東大ら,ガラスの構成原子の配位数を可視化 2020年11月18日
  • 電気硝子の強化ガラス,⾞載ディスプレーに採⽤ 2020年11月05日