シャープとNHK,フレキシブル4Kディスプレーを開発

シャープは,日本放送協会(NHK)と共同で,30V型4Kフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレーを開発した(ニュースリリース)。

この開発品は,対角30インチ(約76cm)のフレキシブルなフィルム基板上に,RGB(赤・緑・青)の各色に発光(RGB発光方式)する素子を形成した有機ELディスプレーで,この構成によるものとして世界最大となるという。

各色に発光する素子を蒸着方式で高精度に形成することで,カラーフィルターを不要とし,高い光利用効率を実現している。また,フィルム基板を用いることで,薄さ約0.5mmのパネル表示部をコンパクト(半径:約2cm)に巻き取り,下部の筐体にすっきりと収納することができる。

有機EL素子を駆動する薄膜トランジスタとしてIGZOを採用。NHK独自の信号処理やパネル駆動技術の活用により,画面の明るさの均一性や動画の鮮明度を向上させた。なお同社は,2018年6月に日本初となるスマートフォン向けフレキシブル有機ELディスプレーの量産を開始している。

開発品は,11月13日〜15日まで幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」のNHK/JEITA(電子情報技術産業協会)ブースにて展示するという。

[vsw id=”Jzr7208A-os” source=”youtube” width=”765″ height=”620″ autoplay=”no”]

主な仕様

 

画面サイズ

対角30インチ(約76cm)

アスペクト比

16:9

画素数

横3840画素 × 縦2160画素(4K)

フレームレート

60フレーム/秒

有機EL素子構造 / 形成方法

トップエミッション型※3 / RGB塗り分け※4

駆動用トランジスタ

IGZO-TFT

その他関連ニュース

  • 阪大ら,軽元素のみから成る有機EL発光材料を開発 2021年01月14日
  • 九大ら,高性能純青色有機EL素子を開発 2021年01月05日
  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 筑波大,高性能ゲル状電気化学トランジスタを開発 2020年12月16日
  • 阪大,高透明度・高導電性の透明電極を開発 2020年12月12日
  • ダイセル,銀ナノインクの低温超細線描画に成功 2020年12月10日
  • 北里大ら,円偏光発光を示す緑色蛍光色素を開発 2020年12月10日
  • 出光,中国の有機EL工場が本格稼働 2020年12月03日