セイコーエプソン,3D企業と提携

セイコーエプソンは,4Dセンサーに出資し,高速3次元計測技術を活用した新たな価値創出を目的とした業務提携を結ぶことになったと発表した(ニュースリリース)。

4Dセンサーは,和歌山大学での研究成果を社会で生かすことを目的に,2012年に大学発ベンチャーとして設立された。独自の技術・手法を用いた高速・高精度な形状・変形・ひずみ計測法を実用化するとともに,動体の3Dスキャンを可能とするOPPA法の開発を進めている。

これらの技術は,プロジェクターやロボットを活用した生産ラインの高度化・効率化への展開が期待され,また,建物や橋などの大きな建造物のひずみをダイナミックに捉える機能と,極微細な動きをとらえるエプソン独自の水晶式センシング技術とを融合することで,安心・安全な社会の実現に向けた活用が見込まれるという。

エプソンは,長期ビジョン「Epson 25」において,ものづくり企業としての事業基盤強化を進め,資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速を掲げている。高速3次元計測技術の開発・応用・実装は,それを実現する上で重要な役割を担う技術のひとつだとしている。

両社の有する独創の技術を融合させ,安心・安全という社会課題への取り組みや,製造プロセスの革新など,事業シナジーの発揮を目指すという。なお,今回の出資に伴う業績などへの影響は軽微だとしている。

その他関連ニュース

  • JOLED,機内客室向けディスプレー開発で提携 2020年09月17日
  • Photon Control,FisensとFBGの販売契約締結 2020年07月31日
  • パナ,中国企業との太陽電池事業の協業を解消 2020年07月30日
  • NEC,次世代通信に向けNTTと資本提携 2020年06月25日
  • JOLED,中国企業と資本業務提携契約を締結 2020年06月19日
  • IDDK,DNP/東芝/ミスズ工業より資金調達 2020年06月18日
  • 三菱マテ,太陽電池の京大ベンチャーに出資 2020年05月22日
  • 九大ベンチャー,4社から1億5000万円を調達 2020年03月18日