光響,1kWパルスレーザークリーナーを発売

光響は,同社オリジナル製品として発売中の「レーザークリーナー(レーザーサビ取り機)」シリーズの最新モデル「1kWパルスレーザークリーナー」の販売を開始した(ニュースリリース)。

これまでの「レーザークリーナー」製品群の中で最大の出力を持ち,100W機では時間のかかっていた塗膜などを強力なパワーで除去できる(最大平均出力:1kW,最大パルスエネルギー:100mJ)。

また,従来品は本体サイズを小型・軽量化することで高い移動性を持たせていたが,ファイバーケーブルが最大5mまでしか延長できず,本体をレーザー照射対象近くまで移動させる必要があった。この製品は,最大100mまでファイバーケーブルを延長することが可能なため,レーザーヘッドの移動だけで対象ワークを照射することができるという。

主に屋内での利用を想定しており,従来品よりも短時間で汚れの剥離・除去が実現可能だとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・高出力レーザーによる汚れ除去
レーザー最大ピーク出力:10kW(これまでの製品)
レーザー最大ピーク出力:1.6MW(1kW品/新製品)
・ドライプロセス
・非接触
・酸化物などの再付着防止効果がある
・産廃量が少ない

この製品の主な用途は以下の通り。
・アスベスト除去
・塗装剥離
・表面性状

その他関連ニュース

  • ダイヘン,アルミとGA材の接合技術を開発 2020年12月24日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工ら,モーター用レーザー溶接機を開発 2020年11月27日
  • 光響,100Wレーザークリーナーをリニューアル 2020年11月25日
  • 3D-MICROMAC,レーザーアニールシステムを発表 2020年11月24日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 古河電工,超高速パルス制御ファイバレーザー開発 2020年10月22日
  • レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設
    レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設 2020年10月14日