アイ・アール・システム,ハイパワー赤外光源を発売


アイ・アール・システムは,赤外連続光源ユニット「IRSU-001シリーズ」の販売を開始した(会社HP)。

同社が開発・製造した光源「IRS-001C」を内蔵し,出力可変ダイアルおよびΦ1インチ(25㎜)用フィルタホルダが追加されている。付属のACアダプタにより100V電源で使用できる可視~遠赤外放射のハイパワー光源ユニットで,NDIRガス計測や赤外分光分析などの光源に適しているという。

光源,フィラメント単体での販売も継続しており,別売の赤外透過窓やフィルタをセットしての提供も可能だとしている。

この製品の主な仕様は以下の通り。
・光源温度(最大):850~950℃
・放射率:0.7+/-0.15
・平均寿命:30,000時間(大気中,5Vで連続使用時)
・外形:W68xD106xH55mm
・取り付け可能フィルタ:直径25~25.4mm程度/板厚3.2mmまで

その他関連ニュース

  • NIMSら,無毒な直接遷移型の近赤向け半導体を発見 2020年12月15日
  • 【光技術フェア】オフィール,各種IRレンズを展示 2020年11月12日
  • 日本触媒,紙より薄い光源の製造開始 2020年11月12日
  • 東北大ら,AlNとInNによる高効率光源実現に道 2020年11月06日
  • 筑波大ら,赤外素子となるバイオマス材料を開発 2020年10月28日
  • 電通大ら,シリコンの高感度赤外線受光素子を開発 2020年09月17日
  • 長寿センターら,赤外線サウナのフレイル効能確認 2020年09月02日
  • フリアー,高解像度サーモカメラを発表 2020年08月04日