金沢大,3次元計測レーザー距離計を開発

金沢大学の研究グループは,物体の3次元形状計測が可能な高精度レーザー距離計の開発に成功した(ニュースリリース)。

日本のモノづくりを支える工場などでは,自動組み立て装置や自動検査システムなど,コンピューターを使ったさまざまな製造・品質検査が実施されている。このようなコンピュータービジョンにおいては,対象となる物体の形状を即座に高解像度で計測できる機器が必要とされている。

今回の研究では,周波数変調した連続波であるFMCW技術を活用し,3μmの高精度で,およそ30秒以内で,対象物体の3次元形状計測(プロファイリング)を行なえる新しい形状計測器を開発した。

この計測器は,高精度かつ短時間で計測できることに加え,高感度であるため測定対象の材料を選ばないこと,周囲の電磁波の影響を受けないため雑音の多い環境でも計測可能であることといった特徴を有し,遠隔からの形状計測も可能にするという。

研究グループは,今回の研究は自動車などの工業製品だけではなく,自動運転のための光レーダーや医療用の光断層診断装置にも応用できるとしている。

その他関連ニュース

  • 徳島大ら,AMEDの新型コロナ研究開発支援に採択 2020年06月11日
  • 東大,液滴カプセルの超高速分取技術開発 2020年06月01日
  • エドモンド製品,高感度コロナ診断機に採用 2020年05月13日
  • 技科大,グラフェンを用いたバイオセンサー開発 2020年04月22日
  • フルーク,コネクター端面検査カメラを発売 2020年03月05日
  • パイオニア,小型「3D-LiDAR」を量産化 2019年12月23日
  • リコーら,AI外観検査サービスの共同実証を開始 2019年09月27日
  • ウシオ電機,検査用光源ユニットに新ブランド 2019年07月31日