ルミネックス,選択が容易な波長セレクターを発売

ルミネックスは,英SPECTROLIGHT製のTwinFilmTMテクノロジーを採用した「波長セレクター」の販売を開始した(製品ページ)。

広帯域の波⻑から任意の波⻑を選択するコンパクトなメカニカルデバイスで,選択波⻑の透過率は75%以上になり,消光比は106になる。

SPECTROLIGHTが開発した特許取得済みのTwinFilmTMテクノロジーは,2種類の広帯域バンドパスフィルターを個別に回転させることにより,中⼼波⻑と半値幅を調整できる技術。狭いスリットのモノクロメーターとは異なり,開⼝部は最⼤10mmとなる。グレーティングやAOTFのような回折ベースのデバイスでは75%の透過率は実現できないため,効率的だという。

この製品の主な特長は以下の通り。
・対応波⻑域:350nm-900nm(モデルにより選択)
・広帯域チューニングレンジ:~500nm(モデルにより選択)
・半値幅調整範囲:FWHM1.5nm~20nm(モデルにより選択)
・⼤きな⼝径(最⼤:10mm径)
・消光比:106
・コンパクトデザイン
・チューニング中にビームのずれやウォークオフが少ない

その他関連ニュース

  • 光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機 2020年12月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 【光技術フェア】豊田産業,可視光分岐装置を展示 2020年11月11日
  • 島津,スペクトラムアナライザを発売 2020年11月09日
  • NTTら,世界最速の直接変調レーザーを開発 2020年10月20日
  • 理研ら,超高繰返し極端紫外超短パルス光源を開発 2020年10月09日