ビーム,20kWファイバーレーザーを発売


ビームはイスラエルCivan製の大出力ダイナミックビームファイバーレーザー「OPA6シリーズ」の販売を開始した(会社HP)。

Coherent Beam Combing(CBC)技術とOptical Phased Array(OPA)技術により最大出力20kWシングルモードのビームを50MHzの速度で微動作。焦点位置移動,照射位置移動,ビーム形状変更,レーザー出力調整をMHzオーダーの高速で実現する。

厚板切断,異種材料溶接など,様々な用途に対応可能。波長は1065±5nm,出力は6kW,14kW,20kWをラインナップ。発振はCW,ビーム品質はM2<1.1,出力調整範囲は10~100%,出力安定性は±1%。

その他関連ニュース

  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 古河電工,超高速パルス制御ファイバレーザー開発 2020年10月22日
  • 光響,サブスクにファイバーレーザーを追加 2020年07月22日
  • 光響,30Wファイバーレーザーマーカーを発売 2020年07月15日
  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー溶接機を発売 2020年05月05日