イーエムアイ・ラボ,レーザー測量用ドローンを発売


イーエムアイ・ラボは,レーザー測量・各種計測用のドローン「EMI-AR1100」の発売を開始した(会社HP)。

測量や土木分野,地形調査の場において,UAV(無人航空機)レーザー計測の需要は高まりつつある。このドローンは3kg程度のレーザー計測機を装着し,約20分間の飛行が可能だという。

自動航行のシステムもあり,飛行ルートや速度,高度を事前に設定しておくことで,効率よく作業を進めることが可能。工具なしでプロペラは取り外しができ,アームは簡単に折りたためるためコンパクトに収納でき,輸送時も広いスペースを必要としない。

スキッド部分は送信機の操作で上げ下ろしができることから操作性が高く,レーザー計測で得られるデータ量も増える。レーザースキャナー以外にも赤外線カメラなど,さまざまな機器を搭載することができ,カスタマイズも可能だとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日
  • 佐賀大ら,カメラ映像でドローンを自律飛行制御 2020年09月01日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年07月09日
  • 近大ら,光探索QRコード付き登山シェルター開発 2020年06月02日
  • 島津,水中光無線通信装置を発売 2020年02月28日
  • 東芝,ドローンによるプラント点検技術を開発 2019年10月29日
  • 2018年度プラントメンテナンス市場,前年度比100.6% 2019年08月26日
  • 原研ら,LiDARとコンプトンカメラをドローンに搭載 2019年05月10日