シャープ,5Gで新幹線へ8K映像を伝送

シャープは,NTTドコモおよび東海旅客鉄道(JR東海)と連携し,5Gにより,高速走行中の新幹線へ高精細8K映像コンテンツを伝送する実証試験に成功した(ニュースリリース)。

今回の実証試験は,2019年9月1日,3日,5日に静岡県富士市(三島駅~新富士駅間)において,JR東海が運行する東海道新幹線N700S確認試験車にて実施した。

東海道新幹線沿線の3か所に実験用5G基地局(地上基地局)を設置し,時速283kmで走行する新幹線に向けて,あらかじめ収録した高精細8K映像コンテンツを周波数帯28GHzの5G無線で送信。N700S確認試験車内に設置した実験用5G移動端末を介して同社製8K対応液晶テレビ「8T-C60AW1」に伝送した。

その結果,走行中に接続する地上基地局が切り替わっても,8K映像が途切れず表示されることを確認した。

同社は今回,時速200km以上で走行する高速鉄道車内への大容量8K映像データの5Gによる伝送が実証されたことで,高精細映像を高速鉄道の乗客向けに配信するサービスなど,新たな可能性が広がるとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,THz帯でフェーズドアレイ無線機を実現 2021年02月08日
  • 阪大ら,THzで8K映像の非圧縮無線伝送に成功 2021年02月03日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日
  • KDDIら,5G/6G向けファイバ無線実験に成功 2020年12月08日
  • パナら,密回避の移動を目指す実証実験開始 2020年11月18日
  • KDDI,スマホと連携するスマートグラスを発売 2020年11月17日
  • 岐阜大ら,高周波電磁波を実環境で可視化 2020年10月13日