光響,LED用ビームプロファイラを発売


光響は,LED等の大きなビーム拡がり角に対応する「LED用スクリーン式縮小コンバータ付きLaseView」の販売を開始した(製品ページ)。価格は35万円(税抜,ソフトは含まず)。

近年,光センサ等の分野でLED光の需要が増え,高いレベルの光の品質管理が求められている。LED等の拡がり角が大きな光解析には約5~10mmのプロファイルが必要で,この領域では,カメラセットやLHBでは観察が困難だった。

この製品は,スクリーン投影式プロファイラにより,技術上の課題をクリアしているという。受光領域は18×13.5mmで,光学分解能は約30μm。カスタムにも対応するとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・受光領域:18×13.5mm以上(水平×垂直)
・光学分解能:約30μm
・測定波長範囲:800~1000nm

その他関連ニュース

  • ウシオ,監視カメラ向け赤外線LEDを発売 2021年01月12日
  • 大同特殊鋼,赤色点光源LEDのSMDを発売 2021年01月05日
  • ローム,VR/MR/AR向け超小型赤外LEDを開発 2020年11月24日
  • 日亜,屋外ディスプレー向けフルカラーLED発売 2020年08月25日
  • 名大,UV-LEDが加齢による病態に有効と確認 2020年07月29日
  • ローム,ユニバーサルデザイン青緑色LEDを開発 2020年06月09日
  • 富士フイルム,LED搭載内視鏡システムを発売 2020年06月02日
  • 宮崎大,新型コロナに対するUV-LEDの有効性確認 2020年06月02日