上智大ら,X線で銀原子のDNAコーティングを観察

上智大学は,デンマークコペンハーゲン大学と共同で,16個の銀原子をDNAでコーティングしたナノサイズの蛍光物質「DNA-銀ナノクラスター」の立体構造を観察することに成功した(ニュースリリース)。

銀は宝飾品や貨幣,食器のほか,食品添加物などにも幅広く利用されている。これをナノメートルサイズの超微粒子にすると,金属としての銀とはまったく異なる性質を示す。例えば,数個~30個程度の銀原子が集合してできる「銀ナノクラスター」は,蛍光や触媒活性などを示すことが知られている。

今回,研究グループは,緑色光を照射すると遠赤色光(近赤外線)を発するという性質を持ち,生物の遺伝物質であるDNAと人体に無害な金属である銀でできていることから,細胞内の生体分子の可視化や,それに基づく病気の診断など,幅広い分野への応用が期待できるという「DNA-銀ナノクラスター」を対象に研究を行なった。

X線結晶解析を用いて「DNA-銀ナノクラスター」の立体構造を解析した結果,16個の銀原子の集団(クラスター)に2本のDNAが巻きついてコーティングされている様子を観察することに成功した。

研究グループは今回の研究成果によって,これまで試行錯誤だったDNA-銀ナノクラスターの設計が合理的になるとしている。

その他関連ニュース

  • 慶大,プラズモン応答の最小単位を決定 2021年01月18日
  • 中部大ら,1億年前のホタルの発光を再現 2020年12月03日
  • 京大,テロメアをリアルタイムで可視化 2020年12月03日
  • 神大ら,紫外線DNA損傷の修復制御機構を解明 2020年11月17日
  • 阪大ら,DNA修復光回復酵素の活性を向上 2020年09月16日
  • 東大,生体マウスの遺伝子組み換えを光で操作 2020年09月09日
  • 東北大,DNAのサブミリ秒運動を蛍光観察 2020年08月26日
  • 東大,超安定な極小銀ナノクラスターを開発 2020年07月10日