関学,アゾベンゼンの結晶化誘起発光を発見

関西学院大学の研究グループは,有機化合物の一種で単独では発光しないアゾベンゼンについて,結晶化させることで発光体として振る舞うこと(結晶化誘起発光)を発見した(ニュースリリース)。

アゾベンゼンは,紫外・可視光を照射することで効率よくトランス-シス異性化が起こることから,様々な光応答性材料の代表分子として広く研究されてきた。しかし,アゾベンゼンは光照射により獲得したエネルギーのほとんどは光異性化に使われるため,光応答性分子として詳細に研究されてきたのに対して,その発光特性についてはほとんど明らかになっていなかった。

今回研究グループは,アゾベンゼン誘導体を結晶化することで3次元的に固定し光異性化を抑制することで,アゾベンゼン由来の発光が観測されるのではないかと着想し,単独では発光しないアゾベンゼン誘導体をプレート状単結晶(直径数10μm)へ結晶化させることで,橙色発光を示す発光体として振る舞うことを見出した。このような結晶化することで発光する象は,結晶化誘起発光と呼ばれ,今回の成果はアゾベンゼン分子がこの現象を示した初めての例となるという。

さらに,ガラス基板上に置いた単結晶の一部に強いレーザー光を照射すると,光異性化が迅速に起こり,それに伴い結晶が崩れ発光しない領域が形成されることが明らかになった。このレーザー光を用いた操作により,同一単結晶に発光(結晶)―非発光(非結晶)領域からなる模様を作り出せることがわかった。

研究グループは,今回のアゾベンゼンの結晶化誘起発光の発見により,アゾベンゼンを使用した新しい発光材料の創出だけでなく,発光してかつ光応答するハイブリッド材料の創出に繋がることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,るつぼを使わない高速結晶育成法を開発 2021年01月22日
  • 東大ら,結晶化現象とその成長の動画記録に成功 2021年01月22日
  • 東工大ら,原子空孔の配列を制御する新手法を開発 2020年11月25日
  • 東大ら,ガラスの物性を生み出す因子を明示 2020年11月20日
  • NIMSら,新たな高品質窒化GaN結晶育成法を開発 2020年11月16日
  • 理研ら,AIでシリコンの特性をリアルタイム予測 2020年11月16日
  • 龍谷大,光照射で可逆的に急速変化する結晶を発見 2020年11月06日
  • 東北大ら,極低温でGaNの発光効率計測に成功 2020年09月28日