大陽日酸,ファイバーレーザー用ガス供給機を開発

大陽日酸は,レーザー加工機の窒素ガス供給システムのラインナップとして,ファイバーレーザ加工機向けモデルを開発した(ニュースリリース)。

同社はこれまでレーザー加工機の窒素ガス供給設備として,精製装置を必要としない高純度の窒素ガス供給システム「LTシリーズ」をラインナップしてきた。

今回の新モデル「LT-F型」は,ファイバーレーザー加工機向けに鉄やアルミの切断をターゲットにした専用機。このモデルは主にPSA式窒素ガス発生装置・空気圧縮機・昇圧機で構成されており,配置の工夫により省スペース化を実現した。

また膜分離方式では難しい,ドロスと呼ばれる金属溶融物の低減や,切断品質の向上が可能となり,安定した切断品質を得られるのが特長だという。また,同社特許技術を活用した省エネシステムも標準搭載した。

なお,この新型機種は7月31日から東京ビッグサイトで開催されるMF-Tokyo2019(プレス・板金・フォーミング展)に出展・展示致する予定だとしている。         

なお,主な仕様は以下の通り。窒素ガス純度(vol%):97~99.9,最大供給圧力(MPaG):1.5,設置寸法(mm):W3000×D1700
※レーザ加工機対応最大ノズル径;φ3mm相当

その他関連ニュース

  • ダイヘン,アルミとGA材の接合技術を開発 2020年12月24日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工ら,モーター用レーザー溶接機を開発 2020年11月27日
  • 3D-MICROMAC,レーザーアニールシステムを発表 2020年11月24日
  • 古河電工,赤外/青色ハイブリッドレーザーを開発 2020年11月17日
  • 古河電工,超高速パルス制御ファイバレーザー開発 2020年10月22日
  • レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設
    レーザーライン,リモート溶接可能なラボを開設 2020年10月14日
  • リコー,高出力レーザーマーカーを開発 2020年08月21日