日本電気硝子,プレス成形可能な赤外線ガラスを開発

日本電気硝子は,新しいガラスを用いた赤外線用レンズの開発に成功した(ニュースリリース)。

赤外線は,赤外線カメラとして防犯やサーモグラフィに,また,センサーとして大気汚染ガスの測定や省エネのための空調制御などに使われ,近年では,自動車の夜間安全装置として暗闇での視界を映像化するナイトビジョンにも使用されている。赤外線カメラの需要が高まり,市場が拡大するなか,使われるレンズの性能と量産性の両立が望まれている。

赤外線カメラのレンズには,ゲルマニウム単結晶やカルコゲナイドガラスを材料にした赤外線専用のものが必要。しかし,ゲルマニウム単結晶は赤外線の透過特性に優れるものの,プレス成形によるレンズ作製ができないため,量産性の低さが課題となっている。

この対策として,加熱プレス成形が可能なカルコゲナイドガラスが使われはじめているが,ゲルマニウム単結晶に比べて透過特性が劣る。また,従来のカルコゲナイドガラスはヒ素やセレンといった有害物質を含むものが多く,環境負荷の点で懸念がある。

今回,同社が開発したガラスは,ゲルマニウム単結晶や従来のカルコゲナイドガラスよりも高い赤外線透過性能(波長20μmまで透過)を有し,明るく鮮明な画像を創出する。このガラスは有害物質を含まず,プレス成形によるレンズ作製が可能なため量産性に優れるという。さらに非球面レンズの作製が可能かつ屈折率が3.4(波長10μm)とガラスとしては世界最高値とし,レンズの高性能化・薄型化に貢献するとしている。

なお。同社ではこの成果を7月26日に立命館大学大阪いばらきキャンパスで開催される「赤外線アレイセンサフォーラム」にて発表するとしている。

その他関連ニュース

  • NIMSら,無毒な直接遷移型の近赤向け半導体を発見 2020年12月15日
  • 従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ 2020年12月10日
  • 【光技術フェア】オフィール,各種IRレンズを展示 2020年11月12日
  • 【光技術フェア】NTKJ,VR用フレネルレンズを展示 2020年11月11日
  • 農工大,焦点距離自在な極薄メタレンズを開発 2020年11月10日
  • ドコモ,超広視野角VRゴーグルでライセンス契約 2020年11月09日
  • 筑波大ら,赤外素子となるバイオマス材料を開発 2020年10月28日
  • 電通大ら,シリコンの高感度赤外線受光素子を開発 2020年09月17日