凸版,ロボット企業とインフラ点検で共同開発

凸版印刷は,点検・業務用ロボットや特殊環境対応型ロボットの開発や,AI・IoTシステムの開発・運用,ビッグデータ解析などを行なうイクシスと「社会・産業インフラ向け三次元形状計測・生成・解析プラットフォーム」を共同開発する(ニュースリリース)。

社会・産業インフラ関連業界,特に点検・維持管理領域ではインフラの老朽化,点検・維持管理費の増大,技能労働者の減少が喫緊の社会的課題となっている。国土交通省においてもこの状況を踏まえ,生産性向上の観点からICT化や三次元データの利活用を推進している。

近年のインフラ点検では,ドローンやレーザー計測器を使った構造物外観の測量や点検などは既に行なわれているが,橋梁のような狭く複雑な構造物内部において,これらの機材だけでは劣化や損傷を判断できる高精細な画像を取得することは難しい。

また,三次元形状計測・生成エンジンは,海外を中心にクラウドサービスでの提供が行なわれているが,点検・維持管理機能の不足や三次元成果品納品への未対応などインフラ点検における三次元データの導入を進める国内の点検事業者が利用するには十分ではなかった。

このような現状を踏まえ,今回両社は「社会・産業インフラ向け三次元形状計測・生成・解析プラットフォーム」の共同開発を開始する。

この協業では,イクシスが提供するインフラ点検ロボット及びAIを活用した取得データ解析サービスと,凸版印刷が提供するデジタルカメラで撮影した画像から高精度な三次元形状モデルを自動生成できるエンジンを連携し,ロボット等の利活用と共に,取得したインフラデータの解析からレポーティングまで一気通貫した取扱いや,三次元データ活用に対応した三次元成果品納品,高品質な蓄積データによる損傷等の経年変化が把握できるサービスを提供する。

両社は,今後インフラ点検に携わる各領域の企業との協業による機能追加検討や実証実験等も実施し,2020年度中の提供開始を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 東急建設ら,画像処理でトンネル工事事故防止 2020年12月08日
  • オリンパス,工業用ビデオスコープを発売 2020年12月04日
  • 佐賀大ら,カメラで追従する農業用搬送ロボを開発 2020年11月10日
  • 九大発ベンチャーと日本曹達,有機ELで共同開発 2020年10月23日
  • パナ,レーザーSLAM搭載のロボット掃除機を発売 2020年09月30日
  • 東北大ら,レーザー+超音波の非破壊検査法を開発 2020年09月24日
  • JOLED,機内客室向けディスプレー開発で提携 2020年09月17日