NSG,英事業所で太陽光発電設備が稼働

日本板硝子(NSG)は,同社NSG欧州技術センターの年間電力の約3割を供給する太陽光発電設備が,7月4日から稼働開始したと発表した(ニュースリリース)。

同設備には,同社の顧客である米ファーストソーラーの太陽電池パネルが設置され,パネルにはNSG欧州技術センターで開発されたNSGのガラスが使用されている。

英ライトソースBP(エネルギー大手のBPが戦略的に提携した,欧州大手の太陽光発電開発企業)の設備負担による新規設備は,2.29MWpの発電容量を備え,CO2の年間排出量を848トン削減できる見通しという。同社は発電した電力をライトソースBPより購入するとしている。

その他関連ニュース

  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • カネカの太陽電池,トヨタの自動運転車に採用 2020年08月03日
  • NEDO,新たな太陽光発電技術開発44テーマを採択 2020年07月30日
  • NEDOら,最高変換効率PVパネルをEV用に 2020年07月06日
  • JPEA,「太陽光発電の主力電源化への道筋」公開 2020年05月18日
  • NTT-AT,inQsの太陽光発電ガラスを独占販売 2020年05月12日
  • 早水電機らの舗装型太陽光パネル,都有施設に設置 2020年04月03日