ニコン,ディープラーニング企業へ出資

ニコンは,コンピュータービジョンおよびディープラーニングに関するソフトウェアを手掛ける,カナダのベンチャー企業wrnch,Inc.(wrnch:レンチ)へ7.5百万米ドルの出資を実施した(ニュースリリース)。

同社はwrnchとのリソースを組み合わせることで新たなシナジーを創出し,映像事業の領域を拡大できると判断したため,今回の出資を決定したという。

wrnchは2014年に設立,ディープラーニングを用いて,コンピュータで人間の動きや活動を把握・分析するツールやSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)を開発・提供している。強みである姿勢解析技術を活かし,大手エンターテインメント企業や通信会社などへの技術提供,協業を行なっている。

今後は,ニコンの光学技術およびニコンの子会社であるMark Roberts Motion Control Limitedの自動追尾撮影技術と,wrnchの姿勢解析技術などを融合することで,主にスポーツ市場における自動撮影ソリューションの強化を図っていく。またAIなどを活用して,新たな映像体験の提供を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱ら,金属表面から内部亀裂を推定するAIを開発 2021年01月25日
  • NEC,内視鏡用AI診断ソフトウェアを発売 2021年01月12日
  • NAISTら,材料開発にディープラーニングを適用 2020年12月25日
  • 佐賀大ら,カメラで追従する農業用搬送ロボを開発 2020年11月10日
  • 富士フイルム,内視鏡診断支援機能を開発 2020年10月27日
  • 宇大,深層学習MRIの撮影時間の高速化と高品質化 2020年10月13日
  • 金沢大ら,光でニューラルネットワークを構築 2020年09月29日
  • 名大ら,発光画像から正確な線量画像を生成 2020年09月18日