NEC,太平洋横断光海底ケーブルの供給契約を締結

NECは,シンガポール,香港と米国を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「BtoBE (Bay to Bay Express) Cable System」のシステム供給契約を締結した(ニュースリリース)。

BtoBEは総延長距離約16,000kmの光海底ケーブルで,大容量かつ最新の光波長多重伝送方式を採用する。シンガポール~米国西海岸(約15,000km)を途中で中継陸揚げすることなく光伝送するのは世界初となる。契約先はチャイナモバイル,Facebook,Amazon Web Servicesからなるコンソーシアム。完成予定は2020年度末。

このケーブルの敷設により,拡大し続けるSNSやクラウドサービスの利用などに伴う,広東・香港・マカオとサンフランシスコの両ベイエリアおよびシンガポール間の通信増加に対応する。また,最新の光伝送技術を活用することで,ネットワークの冗長性の確保,高信頼な通信の実現,および回線需要変化への柔軟な対応に貢献する。

その他関連ニュース

  • 電通大,多数同時接続・超低遅延通信技術を開発 2021年03月04日
  • NTT,OPAで容量2倍超の光増幅中継器を実現 2021年01月29日
  • NEC,台湾へ海底ケーブル式地震観測システム納入 2021年01月26日
  • キーサイト,800Gテストソリューションを発表 2021年01月21日
  • 古河電工,仮想化EPONを開発 2021年01月19日
  • NEC,パラオと海底ケーブルの供給契約締結 2021年01月14日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日