旭硝子,より鮮やかなガラスサイネージを発売

旭硝子は,実物と映像のコンビネーションを実現するガラスサイネージ「infoverre®SEE-THROUGH(インフォベール®シースルー)」を開発,4月24日より販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,同社開発の樹脂と貼合技術を用いて液晶ディスプレーをガラスに直接貼合した,ガラスサイネージ®製品。独自の光源設計により,従来製品では表現できなかった実物と映像の融合を,鮮やかな映像(従来比1.5倍)と,透明度(従来比2倍)により演出できる。

この製品は,各種店舗や博物館・美術館などのショーケースに使用することが可能。またガラスを介して情報交換ができるよう,タッチパネル機能を持つ製品の開発を進め,更なる用途拡大を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 電気硝子,無色透明のゼロ膨張ガラスを開発 2021年03月02日
  • 筑波大,THz光のガラスでの吸収を関数で再現 2021年01月08日
  • 東工大ら,世界一の構造秩序のガラスを合成・解析 2020年12月25日
  • 名工大ら,ガラスが準空隙で駆動する謎を解明 2020年12月21日
  • パナ,透明有機ELディスプレーモジュールを発売 2020年11月27日
  • 東大ら,ガラスの物性を生み出す因子を明示 2020年11月20日
  • 東大ら,ガラスの構成原子の配位数を可視化 2020年11月18日
  • 電気硝子の強化ガラス,⾞載ディスプレーに採⽤ 2020年11月05日