京セラ,光学系子会社を吸収合併

京セラは,2018年5月25日開催の取締役会において,2018年10月1日を効力発生日として,同社100%連結子会社の京セラディスプレイ及び京セラオプテックの吸収合併を行なうと発表した(ニュースリリース)。

現在,同社グループでは,主に産業・自動車市場向けに京セラディスプレイが液晶ディスプレイ,京セラオプテックがカメラモジュール等の光学部品の開発,製造,販売を行なっている。

両事業は,IoT(Internet of Things)や ADAS(先進運転支援システム)の普及に伴い多くの事業機会が見込まれるとともに,競争力強化に向けた新製品開発の強化や生産性の向上が必要になるとしている。

今回の吸収合併は,より強固な事業基盤の下,各社が有する豊富な経営資源の活用及び生産技術等の共有により,成長市場での事業拡大を目指すことを目的としたもの。今後,個別製品からシステムにいたる新たな製品開発の迅速化や新事業の創出,生産効率の向上等,シナジーを追求していくという。

その他関連ニュース

  • Lumentum,Coherentを買収 2021年01月20日
  • ブイテク,リソテックジャパンを完全子会社化 2020年12月21日
  • エドモンド,QTFを買収 2020年11月16日
  • 日立ハイテク,フォトニック集積回路に参入 2020年11月16日
  • 京セラ,Soraa Laser Diodeを買収 2020年11月13日
  • 三井化学,撥水・反射防止コート企業を傘下に 2020年10月09日
  • Micro-Epsilon Japan,OPTOCRAFTの国内総代理店に 2020年09月10日
  • JDI,白山工場および付帯施設を譲渡 2020年09月01日