【人とくるま】Valeo,新型LiDARを世界初公開

フランスの大手自動車部品メーカのValeoは「人とくるまテクノロジー展2018」(パシフィコ横浜)で,量産車としてはじめてAudi A8に搭載されたLiDARの第二世代となるSCALA 2」の開発品を展示した。

現行製品との主な違いとしてして,垂直方向の視野角の拡大(3.2°→10°)とレイヤー数の増加がある(レイヤー数については公開していないが,デモ画面で数えたところ5レイヤーが確認できた)。これに伴い,分解能も5~6倍になっているという。

左右の検出角度は140°,フレームレートは25fps。150m先の車両(反射率80%)を検出できる。サイズや消費電力は現行製品と殆ど変わらない予定で,2020年に量産を開始する。また,LiDARに付着した雨や雪,汚れなどを落とすウォッシャーやブロアーも開発している。

同社の現行製品のLiDARは,A8以外にも数社の自動車メーカーに搭載される予定だという。また,開発品を含めてメカニカルスキャンだったスキャン方式を,第3世代からはメカレスにしていくとしている。

その他関連ニュース

  • パナ,公道で自動運転ロボによる配送実験を開始 2021年03月04日
  • オンセミ,車載LiDAR向けSiPMアレーを発表 2021年03月04日
  • ソニー,LiDAR向けSPADセンサーを開発 2021年03月02日
  • パイオニア,中距離3D-LiDARの量産開始 2021年01月25日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • ソニー,自動運転車両の行動テストを開始 2021年01月13日
  • パイオニア,3D-LiDARの量産開始 2020年12月17日