ドコモ,球体ドローンLEDディスプレーを高解像度化

NTTドコモは,無人航空機(ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて,世界で初めて全方位に高解像度映像を表示しながら飛行することができる「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレー」を開発いした(ニュースリリース)。

同社が2017年に開発した「浮遊球体ドローンディスプレー」はLEDフレームを回転させて映像を表示しながら内部のドローンにより飛行する球体ディスプレー。今回開発した「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレー」は,LEDフレームのLED搭載数と制御基板を刷新することで,従来の12倍超の解像度(縦半周320×横1周760pixel)を達成した。

今回の開発により,従来の機体では難しかった実写の映像やアニメーションなどさまざまなコンテンツを空間の好きな場所によりリアルに表示することができるようになったとしており,今後,2018年度の商用化をめざし,スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出,広告および案内等)としての提供を検討していくという。

その他関連ニュース

  • 日亜化学,除菌機能を持つ白色LEDを発売 2021年02月02日
  • スタンレー,紫外製品ブランドを発表 2021年01月26日
  • 2019年国内一般照明市場,2.6%減の9,846億 2021年01月25日
  • 電気硝子,光学製品用「シール材付きリッド」発売 2021年01月19日
  • ウシオ,監視カメラ向け赤外線LEDを発売 2021年01月12日
  • 大同特殊鋼,赤色点光源LEDのSMDを発売 2021年01月05日
  • ローム,VR/MR/AR向け超小型赤外LEDを開発 2020年11月24日
  • 光響,ドローン搭載用LiDARユニットを発売 2020年11月18日