プネウム,産業用グレードのファイバーレーザーを理科学分野に投入

プネウムは,新開発の世界最小,2波長対応,低メンテナンス性のファイバーレーザーを,光技術総合展示会「OPIE’18」内で開催する「JIALセミナー」にて紹介すると共に,製品展示を「レーザーEXPO」にて行なう(ブースNo.N-9)。

今回紹介する,仏Spark Lasers社製 「多光子顕微鏡用・超小型・ファイバーレーザー」は,2光子顕微鏡はもとより,蛍光分析等の各種理化学用の光源としても最適な製品で,産業用途レベルの信頼性とメンテナンスフリー(2年間保証)が特長となっており,日々のメンテナンスに悩みを持つ研究者にも最適な製品となっている。

この製品の紹介無料セミナーは下記リンク先より申込が可能。
・OPIE’18無料セミナー <JS-5 コース>
・4月25日(水)16:00~16:40
「超小型で2波長・2W出力可能なワットクラスのフェムト秒ファイバーレーザの紹介」
https://www.optronics.co.jp/ex-seminar/projects/semi/52/80#seminar_id_369

セミナーは先着順にて開催されるため,担当者は「是非,早めに申し込みをして来場してほしい」としている。

その他関連ニュース

  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 光響,高精度ファイバーレーザー加工機を発売 2021年03月01日
  • 光響,UVレーザークリーナーを発売
    光響,UVレーザークリーナーを発売 2021年02月15日
  • 光響,MOPA型ファイバーレーザーマーカーを発売 2021年02月10日
  • 光響,ビームプロファイラの新モデルを発売 2021年02月10日
  • ルミバード,光パラメトリック発振器を発売 2021年01月28日
  • 光響,サブスクにハンドトーチレーザー溶接機 2020年12月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日