理研,膜タンパク質の構造変化を解明

理化学研究所(理研)は,クライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析法と放射光を用いたX線結晶構造解析を組み合わせ,細胞内に流れ込む水素イオンをエネルギーとしてさまざまな生命活動に利用する膜タンパク質の3次元構造の決定に成功した(ニュースリリース)。

これにより,膜タンパク質がダイナミックに構造を変化させることで活性化する新しい作動機構を発見した。このダイナミックな構造変化は,他の膜タンパク質でも機能の制御などに利用されている可能性が考えられる。同様の手法を用いて,さまざまなタンパク質などの生体分子の機能発現に伴う構造変化を解析することで,より詳細な作動機構の解明につながると期待できる。

今回,研究グループは,クライオ電子顕微鏡と放射光の両者を組み合わせ,膜タンパク質ExbB/ExbD複合体の構造解明に取り組んだ。その結果,イオンの通り道が塞がった状態の5量体のリング状の構造が,6量体のリングに変化することで水素イオンの通り道が開き,イオンの流れを駆動力に利用できる状態へと変わることが分かった。これまで,膜タンパク質のこのような大きな形態の変化は知られていない。

また,ExbB/ExbD複合体の中央にあるサブユニットが回転することにより化学物質や栄養素の輸送に必要な力学的エネルギーが発生する可能性が示された。ExbB/ExbDが関わる輸送系は抗生物質の輸送やウイルスの菌内への侵入にも利用されるため,細菌特異的に作用する薬の開発も期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 筑波大,光で繊毛運動を調節するタンパク質を発見 2021年03月01日
  • NICTら,高分解能ホログラフィック蛍光顕微鏡開発 2021年01月29日
  • 徳島大ら,走査せずに蛍光寿命画像を一括測定 2021年01月06日
  • 東大,定量位相顕微鏡の位相検出限界を突破 2021年01月05日
  • 順天堂大,2色光線−電子相関法を開発 2020年12月24日
  • 熊本大ら,顕微鏡で細胞骨格を定量評価 2020年12月22日
  • 工繊大,高速度3次元動画顕微鏡のモジュール開発 2020年12月09日
  • NEDOら,微生物の状態を最短10分で定量的に評価 2020年12月07日