パイオニアのLiDAR,NVIDIAのSDKに対応

パイオニアは,昨年12月の発表以降,NVIDIAとの協業を進めているが,今回,同社が開発を進める「3D-LiDAR」が,同社が開発・提供を進める自動運転用のソフトウェア開発キット(SDK),「NVIDIA DriveWorks」の対応製品となったと発表した(ニュースリリース)。

「3D-LiDAR」は,遠方の物体までの高精度な距離の測定や,物体の大きさを検出できるセンサーで,物体形状の把握も可能なため,自動運転に不可欠なキーデバイスと言われている。同社は,2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型,軽量,低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており,昨年9月より,国内外の自動車メーカーやICT関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始している。

「NVIDIA DriveWorks」には,自動運転用のリファレンス アプリケーション,ツール,ライブラリ モジュールが含まれており,「NVIDIA DRIVE AI コンピューティングプラットフォーム」を活用して開発を進めるメーカーやデベロッパーをサポートしている。

その他関連ニュース

  • パイオニア,中距離3D-LiDARの量産開始 2021年01月25日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • ソニー,自動運転車両の行動テストを開始 2021年01月13日
  • パイオニア,3D-LiDARの量産開始 2020年12月17日
  • 光響,長距離測定向けLiDARを発売 2020年12月09日
  • 光響,低速自動運転向けLiDARを発売 2020年12月02日
  • PSSIら,LiDARによる交差点監視の検証を実施 2020年12月01日