ソニーPCL,8K LEDディスプレーのレンタルを開始

ソニーピーシーエル(ソニーPCL)は,ソニーが開発した「Crystal LED ディスプレイシステム」を導入し,8K(7,680×4,320)に対応した440インチ構成による大型ディスプレーシステムのレンタルサービス(世界初)を4月1日より開始する(ニュースリリース)。

ソニーの「Crystal LED ディスプレイシステム」は,微細なLED素子を配列した画素を,画素ごとに駆動させる自発光のディスプレー方式を用いており,高コントラスト,広色域の豊かな映像表現を可能としている。高速動画応答性能にも優れており最大120fpsでの映像表示が可能。

また,ディスプレーユニットとディスプレーコントローラーの組み合わせにより,設置スペースや演出意図に応じた任意のサイズ構成が可能なディスプレーシステムとなっている。

同社は「Crystal LED ディスプレイシステム」の運用にあたり,8K4K(7,680×4,320)440インチ構成を基本に,ワイド8K(7,680×2,160)400 インチ,4K(3,840×2,160)220インチ構成の計3タイプを軸に展開を進め,イベントやプロモーション,ショールームや展示施設などにおける超高精細映像のニーズに対応する。

その他関連ニュース

  • 住友化学,高分子有機EL発光材料の事業化を加速 2021年03月01日
  • 阪大ら,THzで8K映像の非圧縮無線伝送に成功 2021年02月03日
  • 日亜化学,除菌機能を持つ白色LEDを発売 2021年02月02日
  • ソニー,直視型LEDディスプレーの新機種を発売 2021年01月28日
  • スタンレー,紫外製品ブランドを発表 2021年01月26日
  • 2019年国内一般照明市場,2.6%減の9,846億 2021年01月25日
  • 電気硝子,光学製品用「シール材付きリッド」発売 2021年01月19日
  • ウシオ,監視カメラ向け赤外線LEDを発売 2021年01月12日