NEL,64 GBaudコヒーレントDSPを発表


NTTエレクトロニクス(NEL)は,高密度波長多重(DWDM)光通信システム向けに,64GBaudデジタルコヒーレント信号処理回路(DSP)を発表した(ニュースリリース)。

新DSPは,複数の変調速度と変調符号の組み合わせにより,32GBaud QPSKによる100Gbps/λから64GBaud 64QAM(2倍速かつ3倍容量)による業界初の600Gbps/λまで,多様なライン容量に対応する。

これにより,ファイバーあたりのDWDM伝送容量を5Tbps(数千km)から30Tbps超(120km)まで,距離に応じてシームレスに最大化することができる(二つの波長帯C-bandとL-bandを併用すれば容量倍増も可能)。

増え続ける通信トラフィック需要に対応して,QPSKによる200Gbps/λ長距離伝送(数千km),16QAMによる400Gbps/λメトロ伝送(数百km),64QAMによる600Gbps/λ近距離データセンタ間伝送(120km)などへの適用が期待される。

新64GBaud高性能DSPは,NTTエレクトロニクスCMOS DSPでは3世代目となる最先端16nm CMOS Fin-FETプロセスを採用。新規に設計されたDSPコアと,ビジネス提携する米Broadcom社(NASDAQ:AVGO)の高速アナログ・デジタル混載技術により,同じ第3世代製品の32GBaud低電力DSP(QPSK 100Gbps/λ、16QAM 200Gbps/λ)と比べても1波長あたりの伝送容量を2~3倍に,伝送距離を60%伸ばすことに成功した。

同社は,この64Gbaud DSP製品を2018年後半に量産開始するとともに,今後も業界最先端のDSPラインナップを拡充していくとしている。

その他関連ニュース

  • NTT,OPAで容量2倍超の光増幅中継器を実現 2021年01月29日
  • キーサイト,800Gテストソリューションを発表 2021年01月21日
  • 古河電工,仮想化EPONを開発 2021年01月19日
  • NEC,パラオと海底ケーブルの供給契約締結 2021年01月14日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日
  • 東工大ら,高周波信号の量子化分配器を実現 2021年01月08日
  • NTTデータ,「IOWN推進室」を設置 2020年12月25日