JAI,高速速トライリニア式カラーラインスキャンカメラを発売

ジェイエイアイコーポレーション(JAI)は,同社初となる高速トライリニア式カラーラインスキャンカメラ 「SW-4000TL-PMCL」を,「Sweep(スイープ)」シリーズのラインナップへ加えた(製品ページ)。

専用設計の4096画素トライリニアCMOSセンサーを搭載し,非補間24ビットRGB出力における最大ラインレート66kHzを実現した。同社のトライリニア技術に,これまでの一般的なトライリニア式の高速ラインスキャンカメラでは得られなかった数々の先進機能を融合した。プリズム分光式を適用するほど高い性能を必要としない用途に適した製品となっている。

例えば専用設計のCMOSトライリニアセンサーは,1スキャンラインにつきRGBそれぞれが2つずつ合計6つのセンサアレー(7.5um角画素)を持つ。これによって水平,垂直,または両方のピニングが可能で,これまでの高速トライリニアカメラでは得られなかった柔軟性を備えている。

さらには,ピニング処理中に一つのノードで2画素分の電荷を読み取る画素構造を採用しているため,1画素分の読み出しノイズで2画素分の信号を取り出すことが可能。ピニング処理において感度を向上させることができる。

RGB標準形式をsRGBやAdobe RGBだけでなく,HSIやCIE XYZへ変換することも可能。この機能はプログラマブルになっており,ユーザーが変換テープルを定義して特定の目的に適した色空間変換をカスタムでプログラムすることもできる。

ラインスキャンカメラとしての基本機能では,RGB各ライン間のオフセット(ずれ)を補正してカラーフリンジやハローを除去する空間補正機能,倍率色収差を補正する色にじみ補正機能,各ラインのスキャン幅を維持する傾き補正機能を搭載する。

このカメラは個別に4つの入力ラインと制御アルゴリズムで,最大2つのロータリーエンコーダと直接接続することができるため,エンコーダからフレームグラパーが装着されているホストPCまで長いケーブルを引く必要がない。また通常のエンコーダからフレームプラパーを経由してカメラヘトリガ信号を送る経路で発生するラインの取りこぼしなども防ぐことができる。

インターフェースはGenCamとGen-CP対応のCamera Link。端子は Mini Camera Linkを採用。レンズマウントはFマウントまたはM42×1(フランジバック長16.00mm)マウントから選べる。

その他関連ニュース

  • オンセミ,AI画像認識ソリューションを発表 2021年02月18日
  • IDTジャパン,ハイスピードカメラ5機種を発売 2021年02月09日
  • LUCID,レンズ・レンズチューブ構成品を発売 2021年01月21日
  • LUCID,ポイントクラウドの作成キットを発売 2021年01月18日
  • Basler,CXP対応カメラシリーズを拡充 2021年01月14日
  • 三菱電機,生産現場向けネットワークカメラを発売 2020年12月22日
  • タムロン,マシンビジョン用レンズ拡充 2020年12月04日
  • OKI,マシンビジョン用ケーブルを発売 2020年12月03日