エドモンド,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,顕微鏡用接眼レンズの発売を開始した(製品ページ)。

通常,接眼レンズはセット販売されるが,この製品は求めやすさと使い勝手を考慮してバラ売りで販売される。様々な顕微鏡システムに装着でき,ダブレットタイプの色消しレンズに平凸レンズを組み合わせ,両レンズの凸面側を向かい合わせた構成のデザインを採用している。

10X,15X,20Xの倍率をラインナップ。標準的なアクロマート対物レンズを利用した直立型の明視野顕微鏡システムへの使用に最適。欧州RoHS指令に適合しており,倍率,焦点距離,視野径別に複数ラインナップする。10X,15X,20Xの3種類の倍率を標準で揃え,焦点距離は25mm,16.7mm,12.5mm,視野数はそれぞれ16mm及び13mm。

倍率10Xタイプは視野数が18mm及び22mm,アイレリーフが19.85mm及び20mmの二種類を提供する。視度調節機構付きの広視野バージョンに加え,DIN-45mmバージョンをラインナップ。全品在庫販売体制により,短納期で供給するとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,高分解能ホログラフィック蛍光顕微鏡開発 2021年01月29日
  • 徳島大ら,走査せずに蛍光寿命画像を一括測定 2021年01月06日
  • 東大,定量位相顕微鏡の位相検出限界を突破 2021年01月05日
  • 順天堂大,2色光線−電子相関法を開発 2020年12月24日
  • 熊本大ら,顕微鏡で細胞骨格を定量評価 2020年12月22日
  • 従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ 2020年12月10日
  • 工繊大,高速度3次元動画顕微鏡のモジュール開発 2020年12月09日
  • NEDOら,微生物の状態を最短10分で定量的に評価 2020年12月07日