京大,量子計算を効率的にチェックする方法を提案

京都大学の研究グループは,量子計算の結果の正しさを効率的に事後チェックできる方法を開発した(ニュースリリース)。

量子コンピューターには,外場等のノイズに非常に弱いという弱点があり,量子コンピューターで実行した計算は正しさをチェックする必要がある。計算結果の正しさのチェックは,我々が現在使っているコンピューターの内部でも自動的に行なわれているが,ノイズに弱い量子コンピューターの場合は,計算結果の正しさのチェックがより重要で,また通常のコンピューターでもチェックできることが望まれる。

しかし,これまで提案されていた方法では,計算本体と計算チェックのプロセスが分離不可能な形で組み合わさっているため,常に同時に実行される。量子コンピューターの信頼度はそれぞれで異なるにも関わらず,従来の手法では,信頼度の高い量子コンピューターに対しても低い量子コンピューターに対しても全く一様に同じチェックをすることになり,非効率だった。

研究では,世界で初めて,量子計算本体と計算チェックのプロセスを分離できる理論プロトコルを提案した。これにより,量子コンピューターの信頼度の高さに応じて量子計算の正しさを事後チェックすることが可能となる。このにより,通常のコンピューターでも効率的なチェックが可能となると期待され,今後の量子コンピューターの発展において非常に重要な基盤的技術となるとしている。

さらに将来一般的となるであろうクラウド量子計算においても,今回提案した事後チェック方法は有効となる。将来的には量子コンピューターを量子ネットワークでつないだ量子インターネットの実現が世界規模で目指されているが,この量子ネットワークにおいても安心安全に誰でも利用できるような社会をつくるうえで、セキュリティーの基盤となる技術だとしてる。

その他関連ニュース

  • 電通大,多数同時接続・超低遅延通信技術を開発 2021年03月04日
  • 理研ら,量子的な電子のビームスプリッターを実現 2021年02月17日
  • NTT,OPAで容量2倍超の光増幅中継器を実現 2021年01月29日
  • キーサイト,800Gテストソリューションを発表 2021年01月21日
  • 古河電工,仮想化EPONを開発 2021年01月19日
  • NEC,パラオと海底ケーブルの供給契約締結 2021年01月14日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日