東大ら,液体中の原子1つ1つの運動の観察に成功

東京大学,物質・材料研究機構(NIMS)の研究グループは,電子顕微鏡により液体の中にある原子1つ1つを可視化し,さらにそれらの原子が液体内部で不均一に運動している様子を観察することに世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

産業活動や生命活動において,輸送担体や反応溶媒,潤滑剤などの用途で液体は広範囲に用いられている。液体は巨視的には均質に見えるが,原子・分子のスケールでは,原子・分子ごとに,また同じ原子・分子でも時間ごとに,とりまく環境が異なっている。

すなわち,液体の特性を正確に理解するためには,この原子・分子1つ1つの挙動を捉え,空間的・時間的な不均一性を把握する必要がある。しかし,液体中の原子は長距離にわたって秩序構造をとることはなく,さらに運動性が高いことから原子レベルでの解析が困難であり,微視的な理解が遅れているのが現状だった。

研究グループは,液体でありながら真空下でも揮発しないイオン液体に注目し,高い空間分解能を持つ電子顕微鏡を用いて原子の動きを観察した。これまでに開発してきた独自の試料作製法を生かし,イオン液体に金イオンを分散させ,重元素を優先的に可視化できる環状暗視野法というイメージング手法を利用して,液体中の金イオン1つ1つを明瞭に可視化することに成功した。

さらに,連続撮影することで,金イオンが液体内部で移動(拡散)する様子を観察した。金イオンが動く軌跡から,ある時間では大きく移動し,ある時間では小さな領域に滞在するという不均一な運動をしていることを明らかにした。そしてその移動量から,金イオンの拡散係数と,その活性化エネルギーを見積もることにも成功した。

液体は反応場や輸送媒体として幅広く使用されている。今回用いたイオン液体は不揮発性・不燃性・電気伝導性という特性から,安全な電池の電解質などとしての利用が期待されている。この研究は液体中の原子1つ1つの運動を可視化した世界初の研究成果。この研究を発展させることで,液体内部で生じるさまざまな現象の理解が深まり,高性能な電池や溶媒の開発に大きく役立つとしている。

その他関連ニュース

  • 金沢大,質量分析法の精度を向上する計算モデル 2021年02月16日
  • 東工大ら,最高クラスの酸素イオン伝導体を発見 2021年01月26日
  • 東北大,生体へ適用可能なpH可視化プローブを開発 2020年12月21日
  • 阪大ら,水素イオンによる巨大な抵抗変化を制御 2020年12月16日
  • 東工大ら,原子空孔の配列を制御する新手法を開発 2020年11月25日
  • 名工大ら,X線で熱電変換性能に関係する歪を観測 2020年11月16日
  • 神大,有機無機ペロブスカイトのイオン組成を制御 2020年10月22日
  • 市大ら,Ybに価数の異なるイオンの仲介電子を発見 2020年09月18日