PR

従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ

アクロマティックレンズは,最も一般的に用いられる光学部品の一つ。このレンズは色収差を補正して,少なくとも二つの光の波長を同一焦点上に結ばせるために,歴史的に2枚のレンズ素子を接着固定する構成をとってきた。単一材料の非球面 […]

全3件中 1〜3件目を表示

非冷却遠赤外線カメラ市場の現状と今後のシナリオ

非冷却遠赤外線カメラ市場の現状と今後のシナリオ

1. はじめに 軍需向けが中心の高額品という印象が強かった冷却型遠赤外線カメラであったが,室温で動作する非冷却タイプの遠赤外線アレイセンサーが登場したことにより,非冷却遠赤外線カメラの開発も進展。最近では,欧米自動車メー […]
「赤外線センサ」の最近の話題

「赤外線センサ」の最近の話題

1. はじめに 熱型赤外線検出器を集積化した非冷却赤外線イメージセンサの技術的な飛躍は1990年代初頭に起こったが,特に民生応用に関して,最近これまでの赤外線ビジネスにはなかった動向がみられるようになってきた。従来の非冷 […]
スマートレーザーディスプレイ

スマートレーザーディスプレイ

大阪大学 光科学センター 山本 和久 1.はじめに レーザーディスプレイ1)は1960年代後半に最初の研究開発ピークがあり、高精細かつ大画面ディスプレイとして他の方式を圧倒していた。しかし気体レーザーをベースとしていたた […]
1 / 11