ニュース

全11899件中 8771〜8780件目を表示

PR

従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ

アクロマティックレンズは,最も一般的に用いられる光学部品の一つ。このレンズは色収差を補正して,少なくとも二つの光の波長を同一焦点上に結ばせるために,歴史的に2枚のレンズ素子を接着固定する構成をとってきた。単一材料の非球面 […]
日立化成,太陽電池の発電効率を改善する封止シート向け波長変換粒子を発売

日立化成,太陽電池の発電効率を改善する封止シート向け波長変換粒子を発売

日立化成は,太陽電池の封止シート向けに,太陽光発電の変換効率向上に貢献する波長変換粒子の販売を開始する(ニュースリリース)。 普及が進む太陽光発電は,日照量や日照時間に左右されるなど課題も多く,特に,一定量の太陽光からい […]
東大と慶大,グリア細胞内の微細なカルシウム活動も見逃さない新しい生体内イメージング技術を開発

東大と慶大,グリア細胞内の微細なカルシウム活動も見逃さない新しい生体内イメージング技術を開発

東京大学と慶應義塾大学らの共同研究グループは,超高感度カルシウムセンサをグリア細胞の隅々まで行き渡らせた遺伝子改変マウスの作製に成功し,グリア細胞全体のカルシウムシグナルを観察した。その結果,微細な突起のみで発生する新し […]
東大ら,ショウジョウバエの老化による特定の嗅覚神経細胞の死が異常行動の原因となることを発見

東大ら,ショウジョウバエの老化による特定の嗅覚神経細胞の死が異常行動の原因となることを発見

東京大学と米カリフォルニア大学,米スクリプス研究所らは共同で,老化した個体の行動変化の一因が,匂いを感知する神経細胞(嗅覚神経細胞)の細胞死であることを突き止めた(ニュースリリース)。 一般に,老化に伴って記憶学習,認識 […]
OIST,フェムト秒レーザを用いた標的型ドラッグデリバリーシステムを開発

OIST,フェムト秒レーザを用いた標的型ドラッグデリバリーシステムを開発

沖縄科学技術大学大学院(OIST)は,パーキンソン病においてうまく機能していない神経伝達物質を,フェムト秒レーザにより自在に繰り返し放出する機構を開発した(ニュースリリース)。 パーキンソン病では,神経伝達物質ドーパミン […]